本文へジャンプ


Monroe ISOPROBE®表面電位計±3kV 279

1034シリーズ プローブ使用
Model 279

特徴
  • 薄型、1/2ラックサイズで多チャンネル使用に最適
  • 1034シリーズプローブの全てと互換性有り
  • レコーダ出力レンジの選択可
  • モニタ用LEDメータの消灯機能

高性能で、しかも小型、低価格
低価格で最大の性能が得られるよう設計された表面電位計Model279が新たにモンローエレクトロニクスの非接触高性能表面電位計の一つとして加わりました。製造に当たっては、今までのモンローエレクトロニクスの表面電位計が産業界の標準器となりえたのと同様の注意と配慮が払われました。Model279は小型であるにもかかわらず産業界の多くの分野に対して、表面電位計として持つべき基本的全性能、機能、使用湿度許容範囲および高信頼性を備えています。よく知られた適用例は次のようなものです。
  • 電子写真、ゼログラフィの測定
  • ICの製造、組み込み、取扱における測定
  • 絶縁物および半導体に対する除電効果の測定
  • エレクトレットの研究
  • 静電気帯電および静電界に関する測定
  • 工程のモニタおよび制御

プローブ
標準プローブ1034E(エンドヴューイング)あるいは1034S(サイドヴューイング)は寸法が9mm x 9mm x 72.5mmで曲げの最小曲率が20mmのケーブルに接続されている。プローブ内部には電極、1kHzで振動する音叉駆動部およびプリアンプが組み込まれています。使用温度環境は-50℃~80℃。標準プローブ以外に高分解能プローブ、低分解能プローブあるいは光透過測定用光透過型プローブもあります。各プローブのケーブル長は3.05mです。空気あるいは不活性気体によるプローブの洗浄もできるようになっています。本体のプローブ接続位置は標準として裏面パネル上、オプションとして前面パネル上にあるようになっています。

仕様
測定レンジ ±3,000V
応答速度 典型的な入力に対して   <3ms(10%~90%)
1kVステップ入力に対して <2.5ms(10%~90%)
2kVステップ入力に対して <3.5ms(10%~90%)
3kVステップ入力に対して <4ms(10%~90%)
測定精度* 0.1%±0.003%/℃(20℃~40℃の範囲でのレコーダ出力の値)
整定時間 <3.5ms(1kVステップ入力の1%以下)
周波数応答 >300Hz(±3db、典型的な小入力に対し)
ドリフト* <0.01V/hr(1時間のウォームアップ後)、典型例:0.003V/hr
10℃の温度変化、10%~90%の間の温度変化による影響は測定不能なほど小さい
ノイズ* <0.3Vrmsまたは2V広帯域P-P値(帯域幅<1kHz)
表面分解能 プローブ開口の大きさと表面-プローブ間の距離に依存
開口直系1.75mmの標準プローブ1034E型と1034S型の場合、プローブ設定距離を0.5mmとすると分解能2.5mmスポット
レコーダ出力 アナログ出力で、入力比1/100、1/200、1/1000(購入時選択、標準1/1000)
外部負荷:>10kΩ
出力範囲:±20V(したがって、入力比が1/100の時は測定範囲±2,000Vまで)
出力フィルタ ベッセルローパスフィルタ(一定遅延時間0.7ms)
寸法 本体:44mm x 208mm x 384mm (H x W x L)
1.75"ラック有(1ラックあたり2ユニット)
重量 1.8kg
プローブ 1034シリーズプローブ使用
電源 100、115、230VAC±10%、50/60Hz、15watts
申請中規格 CE、UL
*これらの数値はプローブの型式、測定面―プローブ間の距離および測定環境に依存します。ここに示した仕様値は、標準プローブ1034Eあるいは1034Sを使い通常の研究室環境下での測定に対するものです。プローブ設定距離は、精度と応答速度の私権知多視しては3mm、ノイズとドリフト試験に対しては0.13mmです。これらの数値で示される性能は、一般的に、良く管理された測定環境下で使用すれば良くなり、またひどく汚れた埃っぽい環境下あるいは不安定な気体成分を含む環境下で測定すれば悪くなります。


Monroe ISOPROBE®表面電位計±300V 279L

1034シリーズ プローブ使用
Model 279L

特徴
279の高圧電源部とアンプ部の変更によって、入力レンジを±300Vに制限したもモデルです。この変更によって、ノイズ特性とメータ分解能を向上し、プローブと測定面のスペースが非常に近い時におこるアークが減少します。
したがって、モデル279Lは制限された電圧レンジが許される場合であれば1034シリーズプローブの性能をより良く利用することが可能です。これは特にESD(静電気放電)モニタと管理のエリアにおいて有用です。
代表的で利用可能な用途は、
  • ディスクメディア検査
  • IC製造と運搬
  • コンタクト・ポテンシャル(Contact Potential)測定
  • 絶縁体および半導体の放射効果
  • 生体電場(Bioelectric Field)研究
  • 1034シリーズプローブの全てと互換性有り

仕様
測定レンジ ±300V
測定精度* 0.1%または10mV(いずれか大きい方)
メータ分解能 100mV(4桁LED)
ノイズ* 90mVrms(典型的な入力に対して)
応答速度 3ms(10%~90%、低分解能プローブを使用しプローブと測定面の距離0.254mm)
プローブ寸法 9mm x 9mm x 73mm
プローブケーブル長 3.0m
レコーダ出力 1/100、±3volts full-scale
ドリフト* <10mV/h
電源 100、115、230VAC±10%、50/60Hz、15watts
寸法 44mm x 208mm x 384mm (H x W x L)
1.75"ラック有(1ラックあたり2ユニット)
重量 1.8kg
*ここに示した仕様値は、標準プローブ1034Eあるいは1034Sを使いプローブ設定距離0.13mmです。最良のドリフト性能を得るには、プローブを安定した研修室環境の元で良くろ過された空気か不活性ガスで浄化させる必要があります。
その他の詳細は279シリーズおよび1034シリーズのカタログをご覧頂くか弊社へお問合せ下さい。


特注仕様の1034プローブも販売いたしております。