本文へジャンプ
ナノファイバー紡糸量産装置

これまで大量生産できなかった「ナノファイバー」の
紡糸量産を実現しました。





関西電子は、昭和43年の会社創業時より放射線計測機器および理化学機器を中心とする事業を行ってきており、放射線計測のノウハウや各種計測機器製造の技術を蓄積してきました。

新規事業への展開として、弊社の製造技術のノウハウを活かして、最先端のナノファイバー素材を紡糸量産する装置を開発しました(2017年に特許取得)。

ナノファイバーは、これまで大量生産できなかったため極めて高価で、用途開発も進んでいませんでしたが、弊社のナノファイバー紡糸量産装置の溶融方式によって500ナノ前後の繊維を大量生産できるようになりました。

繊維の種類もポリプレピレン・ポリエステル・ポリエチレンなどの代表的な化成品から生分解性のポリ乳酸やその他の複合原料までナノファイバーにできます。

形状は用途に合わせ綿状やシート状などにでき、溶融型ナノファイバー製造機は、
幅 0.5 × 長さ 1.8 × 高さ 1.5メートルと小型ですが、合成繊維製ナノファイバー紡糸を1時間8キログラムの大量生産が可能です。

ナノファイバーの用途が広がります。



独立行政法人中小企業基盤整備機構の新価値創造NAVI様の取材を受けました。
その様子はこちら


1g繊維500nmナノファイバーを一筋に伸ばすと、およそ5000km!北海道~沖縄以上の距離に相当します。『膨大な比表面積』の特性を有する為、様々な新製品開発が可能な素材です。

顕微鏡で見たナノファイバー
当社で製造したナノファイバーを顕微鏡で見た画像


ナノファイバーのご提案(PDF資料がダウンロードされます)